審査総括!!『ArtBridge FAIR vol.1』審査員コメントを掲載

総評と審査員賞についてのコメントが発表 2017年2月2日(木)~7日(木)に表参道で開催される『Art Bridge FAIR vol.1』。 4名の審査員から公募作品全体の総評と、審査員賞で推薦した作家と作品についてのコメントを掲載します。

入選者決定!! 現代アートコンペティション『Ar Bridge FAIR vol.1』審査結果発表!

2017年2月2日(木)~7日(木)に表参道で開催される『Art Bridge FAIR』にて展示される作品の詳細が決まりました。同展示会は、現代アートの作品販売マーケットプレイス Art Bridge(アートブリッジ) が実施する公募展。異なるフィールドからなる4名の審査員が選んだ優秀賞と審査員賞を以下に発表します。

日本にもあった!!BANKSYが認めたDOLKのグラフィティアート3選

2005年にBanksyにその才能を見出されて以降、ストリートアートシーンのスターダムへと駆け上がった、ノルウェー出身のアーティスト「Dolk」。Banksyの流れを汲んだグラフィティの王道的な作風と、顔や名前を一切明かさないそのスタイルから「第2のBanksy」とも呼ばれ、現在世界で最も注目されているアーティストの一人です。

アートはテクノロジーとともに進化する〜VRから見えるアートの未来とは

今あらゆる分野で熱い視線を集めるVR(ヴァーチャル・リアリティ、もしくは仮想現実)。VRにおいては様々な世界を表現できる一方で、そこはあくまでもデジタルの世界なので、物質として触れることができません。しかしこの展覧会ではそうしたVRの非物質性の限界に挑むべく、同じく今旬のテクノロジーである3Dプリンタを利用しています。アーティストがGoogleの開発したVRのお絵描きソフトTilt Brushで描いた世界を、3Dプリンタを利用して手で触れられるよう物質化することで、これまでのVR関連の展覧会とはまた違う新しい表現に挑戦しています。

SICF17グランプリアーティスト展 江頭誠『Rose Blanket Collectionʼ16』

東京・青山のスパイラル ショウケースにてSICFグランプリアーティスト展が開催