- Explore Art World !! -

《インタビュー》池原悠太-コラージュは「人生の取捨選択」-

《インタビュー》池原悠太-コラージュは「人生の取捨選択」-

アーティストインタビュー

デジタルコラージュアーティスト/池原悠太

一見バラバラな要素をつなぎ合わせ、唯一無二の世界観を作り上げる技法、デジタルコラージュ。アーティスト・池原悠太が生み出すのは「人生における取捨選択」をテーマにした幻想的な作品だ。

「清々しいくらい弱肉強食」な表現の世界で戦う彼は、極端なほどに一直線。

制作意欲を変えた恩師の一言から、コラージュに込めた想いまで、池原悠太の全貌に迫る。

 

これと決めたら一直線な性格が美大進学を後押し

池原悠太 YutaIkehara

個展『わたしはここにいる』(2015)

 

成安造形大学造形学部デザイン学科・イラストレーションクラス出身です。

卒業して一度はブライダル関連の一般企業に所属し、パンフレットなど制作物のデザインやディレクション・広報を担当していました。その後研究生として2年間母校に戻り、現在はデザインの専門学校で講師をしながら制作活動を行っています。

 

高校生までは、絵を描くといえば学校で友達と一緒に落書きする程度で、美術の道に進もうなんて考えてもいませんでした。滋賀にある普通の進学校に通っており、周りはそこそこ勉強してそこそこの大学にいくというのが一般的な環境だったんです。

 

しかし高校2年生の時にふと足を運んだ美大のオープンキャンパスで、在学中の学生や作品を見てあっという間に興味を惹かれ、受験を決めました。

小さい頃から何かと極端なタイプで、こうだと思ったら一直線なんです。親もそんな性格を理解してくれていたので特に反対も受けず、進学することになりました。

 

なんでも取り入れる「雑食」タイプ

作品をしっかり作り込もうと奮起したのはそこからです。

もともとの雑食的な性格を活かして、自分の持っているものを総動員してみたら「120点」が取れるんじゃないかと試行錯誤しました。

 

デジタルコラージュという現在の技法に至ったのは、幅広くとっていた中の1科目・シルクスクリーン(版画の一種)の講義がきっかけです。デザイン学科の割には画家寄りの先生が多く、手描きの力を身につけさせる教育方針だったんですよね。

初めて版を重ねていく表現をした時、平面だけでなく複雑なもの、例えば鉄やアスファルトといった異素材を層にできないのか?とふと思ったんです。ちょうどその時期にデジタルの授業も受けていたので、コンピュータ上でそれをやってみることにしました。

 

結果、今までとは全く違う感覚の作品ができ、教授たちにも「やりおった...」と驚いてもらえたようです。残念ながらなぜか直接は言ってくれなくて、風の噂で聞いたんですが(笑)

企業を退職し制作に集中

池原悠太 YutaIkehara

『BIWAKOビエンナーレ2014』

 

その後仕事として作家活動を本格化した転機は2つあります。

1つめは、あるギャラリーとお話しして、フェア「ART OSAKA」に出展できたことです。ちょうど大学卒業と同時に話が持ち上がり、先に述べたブライダルの会社に新卒で就職したばかりだったので苦労しました。しかしそれがきっかけで様々な出会いもあり、結果大学に研究生という立ち位置で戻ることに決め、制作に集中する期間をとることになったんです。

2つ目は、滋賀県で開催されている「BIWAKOビエンナーレ」のディレクターに出会ったことです。研究生時代にあるアートフェアで作品を気に入ってもらい、トントン拍子に話が進んで2012年・2014年と出展する運びとなりました。ちなみに今年・2016年9月にも参加を予定しています。

 

依頼されて作る仕事は刺激になる 

デジタルコラージュは、手書きとCGソフトを組み合わせて制作します。

最初は四つ切りや八切りの小さい画用紙を用意し、動物の頭や花など各パーツを描いていきます。撮った写真や素材を組み合わせ、PhotoShopを使ってパソコンの画面上でつなぎ合わせます。

 

また制作中は常に音楽をかけており、影響も受けています。「DrakSkip(ドレクスキップ)」という北欧音楽のバンドが好きで、音楽性にも活動にも刺激されています。メンバーと公私ともに仲良くしており、アルバムのデザインも担当しています。

音楽性やバンドのコンセプトを加味したデザインにしなくてはならないので、依頼される仕事は勉強にもなりますね。

 

「夜に過ごすこと」が重要なファクター

池原悠太 YutaIkehara

 『刹那に穿つ足跡』(2015)

 

制作する時間は圧倒的に夜が多いですね。

エンジンはかかりづらいんですが一度ハマると長時間できるので、集中して一気に仕上げるタイプです。性に合っているのか、特にデジタル作業は明け方まで休みなくやる日もあります。

 

高校生の頃、家と学校の距離が遠く帰りが遅かったので、自然と「夜」が一番慣れ親しんだ時間になっていったんだと思います。

線路が自宅の目の前だったので、電車の灯りや該当を見上げる感覚、人気が少なくなっていく静けさを感じていた覚えがあります。

絵を描くにしても、完全に辺りが静まって人の気配がしない分自分の世界に没頭できるんです。

学生時代から見返してみると月や夜がモチーフだったり、静かな世界を描いた作品が多く、無意識に生活の時間軸が影響していたのかもしれないなと思います。


「人生の取捨選択」が作品のコンセプト

池原悠太 Yuta Ikehara

 『変遷と円環』(2016)
 

作品のコンセプトは「物事の選択」です。

選択とは「引き金を引く」行為に近いのかなと思っています。何かを選んだら何かを捨てなくてはならない、選んだら元には戻れないという覚悟が必要ですよね。ただし、その選択は自由であると。

 

例えばずっと問題になっている「いじめ」に当てはめて考えてみます。狭いコミュニティの中でうまくいかないと閉じ込められたような気持ちになると思いますが、実は環境は自由に選べるし、選択肢自体を変えたり追加していくこともできる。

 

魔法を使ったり、ドラゴンの背中に乗ったりするのは難しいですが、現実世界にあるものの選択次第で、人生はいくらでも面白くなると思っています。そしてそれは、誰しもに与えられた自由です。

選択肢をつなぎ合わせて自分の理想を作っていく感覚は、コラージュという技法そのものとも言えます。この「選択」を表現したいからこそ、コラージュを続けている部分もあります。

 

モチーフには、人生・人の営みに近しいものを用います。人物そのものを登場させることはなく、建物やビル群、人の気配が見えるようなものをつなげています。

重力や地平線はあえて描き込まず、情報が乱雑に飛び交うように、生活の中にある要素をランダムに散りばめています。

 

コラージュを元にした映像作品も制作

 池原悠太 YutaIkehara

 滋賀県・三井寺での個展『metamorphose』(2016)

 

平面のコラージュを元にした映像作品も作っています。せっかく素材がデジタルなので、動かすことで作品の幅が広がって面白いですね。

お寺を会場にした個展では、障子の表に作品を置いて裏から投影し、隙間から映像をのぞかせるという展示を考えました。

コラージュの構造がわかりやすく見え、楽しんでもらえると思います。

今後はよりインタラクティブ性のある形態を考えています。

また参加予定の芸術祭では、デジタルでレイヤーを作り、実際の作品形態で重なりが見えるようなものに挑戦する予定です。

 

アーティストとしての強みは「ストイックに鍛錬できること」 

カッコつけてるように聞こえるかもしれませんが、僕にとって「表現」はあまり特別なことではありません。歌手や料理人、職人がそれぞれの職業を選ぶように、たまたま言葉の代わりに伝える方法が絵だったというだけです。

絵を描いていなかったら何をしているかは想像しづらいです...。もしかしたら、世の中で活躍したり貢献する方法としてこれが「唯一できること」なのかもしれません。

 

「ものを作る」というフィールドは、清々しいくらいの弱肉強食。作品の良し悪しだけで全てが評価されます。

何かを真似したからってある日突然できるようになるわけではなく、ひたすら鍛錬するしかないんです。

学校のテストでは友達の答案紙を覗いて同じ答えを書いても正解ですが、美術に関しては「カンニングできない」。

何度も言いますが、昔から一度決めたら極端なくらいまっすぐで、周りに左右されず自分の世界を作れるタイプでした。ストイックに没頭していく表現の世界が、自分の性格にあっているからこそ活動を続けていけるのだと思います。

 

その他作品はこちら:池原悠太

アーティストプロフィール

池原悠太(Yuta Ikehara) 

1987年11月25日生まれ。成安造形大学造形学部デザイン学科イラストレーションクラス卒業。主な出展歴に、「ART OSAKA 2010」(2010)「BIWAKO BIENNALE」(2012、2014)「SICF17」(2016)など。「トーキョーワンダーウォール公募2014」入選。

「BIWAKOビエンナーレ2016」(9月開催予定)「くどやま芸術祭2016」(9月開催予定)参加予定。

タグ: コラージュ / デジタル / 動物 / 幻想的

<アート作家のオークションサービス>

Supporting ALL Creative Activities !!   ArtBridge

関連投稿

片山真理の、唯一無二の存在感。義足のアーティストが問いかける「自分自身」とは。

片山真理の、唯一無二の存在感。義足のアーティストが問いかける「自分自身」とは。

Feature Artist / 片山真理(Mari Katayama)

現代美術、ダンスや歌のライブパフォーマンス、執筆など、幅広い分野で活躍するアーティスト・片山真理さん。

《インタビュー》オクソラケイタ-見えないリアルを見せていく-

《インタビュー》オクソラケイタ-見えないリアルを見せていく-

アーティストインタビュー

デジタルコラージュアーティスト/デザイナー  

オクソラ ケイタ

美しく繊細な世界観のデジタルコラージュで人気を集める、オクソラケイタ。

《インタビュー》Q-TA① -ネット時代に生きるアーティストを作った「過去」とは?

《インタビュー》Q-TA① -ネット時代に生きるアーティストを作った「過去」とは?

アーティストインタビュー

コラージュアーティスト/アートディレター Q-TA

シュールかつポップな世界観で多くの人々の心を動かしてきたコラージュアーティスト、Q-TA。SNS上での作品発表を中心に『GUCCI』を始めとする数々のアパレルブランドとのコラボレーションを実現するなど、幅広く活躍するインターネット時代気鋭の作家である。